SNS

© 2019 LADER

blog

RSS

基礎を知らずに、家を買う。

ブログ TOP 2012.9.4 12:14

自分ちのすぐ目の前の家がずっと工事をしています。もともと民家だった家が民家として再生するのかお店に生まれ変わるのか、これからどうなっていくのかはまだわからないけど、外壁がなくて中までストーンと見えるから見てて楽しい。

老朽化が進んでるのか、柱を何本も足したり、途中で朽ちてる支柱を継いで補強したり、いろんなことをやってる。木材同士で組んでいるところもあれば、釘を打っているところもある。家の基礎はこんな風にしてできてるんだなぁと感心させられます。

そういえば、中学で部活に入ってたしか3ヵ月くらいは筋トレと素振りしかさせてもらえませんでした。顧問の先生も先輩もみんな口をそろえて「基本が大事」と言って、身体が覚えるまで何度も素振りを繰り返し、それに必要な筋肉を鍛えたもんです。

部活に限らず、大人になってからも「基本が大事」ということはどこかしらから聞こえてきます。何においても、基礎を疎かにすると応用もうまくできないということなんでしょうね。

そう考えると、僕らは自分が住んでる家の基礎をぜんぜん知りません。家は生活のベースになる場所だから、言い換えれば、生活の基礎を知らないとも言えるのかもしれません。人生で1番高い買いものを、基礎を知らずにしたりするわけですよね。そういえば、身体の基礎もあんまり知らない気がします。そう考えると、なんだかちょっと怖いなぁ。

明日からは東京です。基礎ではないけど、(一応)日本の中心「東京」のことを少しかじって帰ってきます。

h

< <
> >

アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

ブログ TOP

インフォメーション 送料・お支払い方法 Facebook Instagram twitter お問い合わせ © 2019 LADER
ただいまメンテナンス中です。
しばらくお待ちください。