SNS

現在閲覧環境によって、買い物が完了できない不具合が発生しております。その際はお手数ですが、こちらからメールにてご注文をお受けしております。

ログイン

新規会員登録

メールアドレス

パスワード

新規会員登録
© 2017 LADER

片口耐熱ガラスボウル

茶碗の正しい使い方 片口耐熱ガラスボウル

 

使えるサイズ

わからないなりに「これは必要だろう」と、とりあえず揃えた道具でスタートした自炊生活。しばらく生活していると、よく使う道具と使わない道具が鮮明になってきます。僕の場合、調理道具として買ったはずの無い磁器製のお茶碗が料理中にとても活躍していました。

作る量も少ないというのもあってか、調理用に買った大きいサイズのボウルよりも、お茶碗の方が明らかによく使っている。切った食材の待機場所としてはもちろん、量によっては野菜のアク抜きなんかも、わざわざ大きいボウルを出してこなくても事足りてしまう。卵を溶いたり水溶き片栗粉を作るときや、小分けに冷凍したお肉やスープを電子レンジで解凍する時なんかにも使えるお茶碗は、気が付くと料理の時の必需品になっていました。
そんな出番の多かったお茶碗ですが、使い心地に満足していたかというとそうでもなく、ずっとどうにかしたいポイントがありました。「液だれ」です。溶き卵や水溶き片栗粉なんかは、使うときは数回に分けて鍋にいれることがほとんどで、その動作に必ずと言っていいほどつきまとう液だれ。調理後の作業台には、決まってお茶碗の底型にまるく液だれの跡が付いていました。使用頻度が少なければ目はつぶれていたかもしれませんが、なんせ良く使うお茶碗、毎度毎度作業台が汚れるとどうしても気になってきてしまいます。
そこで、導入したのがこの片口耐熱ガラスボウル。お茶碗ほどのサイズで電子レンジ対応、おまけに液だれのしない優秀な注ぎ口があるとなると、使えないわけがありません。底はお茶碗のような高台がないツルンとした形状なので、汚れも溜まりにくく洗いやすい。ガラス食器の様な見た目なので、食卓にもそのまま並べられます。
ドレッシングやソースを作ってそのままサーブする事ができるので、家族での使用や、来客時なんかにも重宝します。  

ガラスボウルは側面からも中身がくっきり見えるので、下味を付けたお肉やマリネなんかを冷蔵庫で寝かす時にも「漬かり具合をいちいち引っぱりだしてきて確認する」という手間もありません。  

いい事ばかりはありゃしない

注ぎ口があるおかげで液だれせず、溶き卵や水溶き片栗粉なんかもストレスなく使うことができたんですが、新たに別の気になるポイントが出てきました。

この便利な注ぎ口、調理中だと一瞬探してしまうんです。右手でボウルを手にした場合、ボウルの左側に注ぎ口がないとだめで、とくに調理中火加減なんかを意識している中で、とっさにボウルを手にして注ぎ口を気にするこの一拍はなかなか大きい。とっても細かい事なんだけど、今までその一瞬が無かった分気になってしまう。

それと、これは人によって評価が分かれるポイントだと思うんですが、耐熱ガラスといえど薄手で軽いというところ。割れる素材だけに、タフに使うには少し華奢に感じるかもしれません。僕はこの軽さが取り回しやすくて気に入っているんですが、マッシャーでじゃがいもを潰したりはできませんし、シンクに入れるときも少し気を使います。

液だれの問題はクリアしたんですが「ながら」で使う調理用ボウルとしてはもう一歩かなという感じでした。

「注ぎ口がなくて液だれしない」という条件のボウルの答えは、こちらのステンレスボウルにありました。360度どこから注いでも液だれせず、おまけにガラスのように割れる心配もないので、少々手荒に扱っても平気。軽くて丈夫なステンレスは「ながら調理」にはもってこいの材質でした。

だけど、こちらにも短所があります。それは、電子レンジが使えないということ。磁器製のお茶碗をよく使っていた理由に「電子レンジ対応」があった僕には、これは致命的。それにガラスボウルでできていた「食卓へそのままサーブ」も、この調理道具丸出しの見た目ではさすがに少し気が引けます。

スパイスで下味を付けたお肉なんかを入れて冷蔵庫で寝かすと、ヘアライン仕上げの表面にスパイスの黄ばみが残って落ちにくかったりするのも、ガラスボウルには無かった事でした。
材質が違うだけでこれだけ用途やできる事が変わってくる。それはつまり、同じ「ボウル」だけど「お玉と菜箸」のようにまったく別のツールなんだということ。お玉と菜箸がツールスタンドに刺さっているのと同じように、僕はこの2種類のボウルを作業台のすぐ手の届くところに置いています。火を使いながらの作業にはステンレスボウル、電子レンジを使うときや下味を付ける時、ドレッシングやソースを作るときはこのガラスボウルと、それぞれの個性に見合った使い方をしています。

調理中のストレスが減っただけでなく、用途に合わせてそれに適した道具を選べるのは、思った以上に快適です。おかげで今ではお茶碗はお茶碗をまっとうする事ができていますよ。

2014.3.16 update!

ミニサイズが仲間入り

お店をはじめて、パンに添えるジャム用の器に使ってみた50mlサイズのボウルが調理中でも思いのほかよく使います。ちょっとだけ塩を計ったり、バターをほんの少しレンジで温めたり、一人の台所のときは、こういったこまごました用途の時には250mlサイズのボウルで全てまかなっていて、特に不便だとは感じなかったんですが、50mlサイズのボウルが目の前にあると自然とこちらを手に取ってしまいます。こんなミニサイズのボウルを使うのはテレビの料理番組ぐらいだと思っていたのに…。

それまであんまり意識していなかったんですが、50mlサイズを手に取る時頭にあるのは、洗い物のことなんです。ちょっとのバターをレンジで溶かすのに、大きいボウルを使ったのと、小さいボウルを使ったのとでは、後に控えてる洗い物のしやすさが大きく違ってきます。

洗剤や水の消費量も違いますし、水切りかごを占領するスペースも違います。料理に効率を求めていくと、こういったミニサイズのガラスボウルも必要になってくるんだと思います。

 

サイズ
50ml:φ約75×高さ35mm
250ml:φ約121×高さ50mm
500ml:φ約152×高さ70mm
  サイズ比較
重量
50ml:44g
250ml:102g
500ml:167g
生産国
タイ
備考
レンジ・食洗機可、直火不可

ご使用にあたって

01-lip-bowl-50

片口耐熱ガラスボウル 50ml

¥ 486

02-lip-bowl-250

片口耐熱ガラスボウル 250ml

¥ 648

03-lip-bowl-500

片口耐熱ガラスボウル 500ml

¥ 756
サイズを選択してください。

01-lip-bowl-50片口耐熱ガラスボウル 50ml
¥ 486
数量 :

02-lip-bowl-250片口耐熱ガラスボウル 250ml
¥ 648
数量 :

03-lip-bowl-500片口耐熱ガラスボウル 500ml
¥ 756
数量 :

送料について | 返品について | お問い合わせ

インフォメーション 送料・お支払い方法 Facebook Instagram twitter お問い合わせ © 2017 LADER
ただいまメンテナンス中です。
しばらくお待ちください。