SNS

© 2019 LADER

blog

RSS

くほほのほ。

ブログ TOP 2012.1.17 21:42

一冊本を読み終わりました。

話の展開や比喩表現、登場人物の立ち振る舞いや台詞など、なにかひとつ強烈な印象があると読後感に残るのは割とそういうのが多い気がしますが、今回読み終わってまず感じたのは、読んでる時の自分の感情の変化が多かったこと。

思わず吹き出してしまう所もあれば切ない所もあり、悲しい所もある。喜ばしい所もあれば、なんとか登場人物のアイツが不幸にならないかなとムカつく所もある。

それはつまり主人公に感情移入しすぎっちゃってるからかもしれないですが。

告白」はそんな喜怒哀楽の一言ではすまないような色んな感情が渦巻く一冊で、非常に面白かったです。

熊太郎の最後の一言に泣けた。

m

< <
> >

アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

ブログ TOP

インフォメーション 送料・お支払い方法 Facebook Instagram twitter お問い合わせ © 2019 LADER
ただいまメンテナンス中です。
しばらくお待ちください。