© 2020 LADER

blog

RSS

正体不明

ブログ TOP 2012.5.8 16:50

学生時代、洋画を専攻していました。油絵の具も使わずに、コラージュとかを作ったり教授が言った事も全然理解しようとしなかった学生でした。きっと色んな為になる事を教えてくれていたのだと思うんだけど、その殆どは忘れてしまいました。

でも、教授が合評の時に言った「どんな材料を用いてどういう技法で表現しているのか、 見る側が想像できないような作品が面白い。」という言葉は印象的だったのでずっと頭に残っています。 きっと当時の自分の作品がこの価値観からすると全然駄目だったからだと思うんですが。

最近その事を思い出しました。

本や映画や音楽で感動したりするのもそう。表現の仕方が斬新だったり、自分が上手く言い表せなかった事が的確に代弁されていたり。いろんな形で自分の想像し得ない正体不明なものに触れて高揚し、時にそこから好奇心が生まれるんだと思います。

僕がwebを作り出したのも作り続けてきたのも「どういう仕組みなんだろう?」「これを試したらどうなるだろう?」というような単純な驚きと好奇心が常にあったからなんだと思います。

先日、前職で作ったサイトの一部分が丸々そのまま他サイトで使われているのを見つけました。材料として捉える事無く、まんまコピーって感じで。唯一書き換えられていたのはcopyright部分でした。

作った本人からしてみれば何処がどう作用して動いているかとか全部仕組みが分かっているし、この行為は、僕からしたら「驚き」も「発見」もない「好奇心」もわかない全く面白くない事なのです。

m

< <
> >

アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

ブログ TOP