SNS

© 2019 LADER

blog

RSS

落語

ブログ TOP 2012.3.30 19:47

落語といえば、子供の頃に笑点の大喜利の前にナポレオンズの代わりな感覚で観ていたぐらいで、年を重ねるにつれて目にする機会も減って疎遠になっていったんだけど、最近YouTubeのおかげでまたよく観るようになった。

子供の頃は今以上に集中力が無かったので、一人のおっちゃんの話をじっくり聞く事は至難の業で、視覚的にもキャッチーなコントや新喜劇の方が、その世界に入り込みやすかったし楽しかったんだけど、今改めておっちゃんの話を集中して見聞きしてみると、面白さ、というよりも凄さがよく分かる。

おっちゃんに誰かが憑依したか思うとたった一人で芝居を始める。あっちを向いてこの人、こっちを向いてこの人、とテンポよく何役もこなすおっちゃん。観ている側も自由に想像が膨らんで、ある種小説を読んでいる時のように深くその世界に没頭してしまう。そんな状態になったらもうおっちゃんの手の内で、お話が終わった時はなかなかの後味の良さで「あぁ、芸達者だなぁ」と感慨深い気持ちになるのであります。

きっと生で見るともっと面白いはず。近々寄席にでも出向いて間近で芸を堪能したい。

m

< <
> >

アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

ブログ TOP

インフォメーション 送料・お支払い方法 Facebook Instagram twitter お問い合わせ © 2019 LADER
ただいまメンテナンス中です。
しばらくお待ちください。